スピッと自然農ブログ
無農薬無肥料の自然農家によるアタオカMAXブログへようこそ!
スピッと自然農

自然農家になろう(笑)

僕は今日は隣の山中湖村にいます。車で30分くらいです。

その隣の富士吉田市にある浅間神社に、新年のご挨拶をしにいこうとしましたが、

激混みだったのでやめました(笑)

また日を改めて神様のところにいってきます。

「アメノミナカヌシ様、アマテラスオオミカミ様、トヨウケノオオカミ様」に感謝を伝えてこようと思って。

報告として、今年から「スピッと自然農」という黄金時代コミュニティも始めましたとお知らせしてきます。

6年前には、就農の報告をしに伊勢神宮まで行きました。

僕は神道の神様を信仰しているわけではないけれど、

この地球ステージのプレイヤーとして、神様に報告したり感謝するという行動を取り入れています。

より楽しむために(笑)

さて。

今日は自然農家が共通して持っている、不安や悩みについてお話します。

時々、新規就農者の集まりに顔をだしますと、自然農家はたまーにいます。

ただ、兼業です。自然農家は経済的にはやってけないとおっしゃる方が多いですね。

想像してみて欲しいのですが、

皆さんがもし、自然農家として就農し、イチから営農をスタートしたと仮定してみてください。

その時、出てくる不安はどんなものがありますか?

実際に就農した自然農家に共通する最初の不安はですね、

「売り先が全くない事」です。

飲食店に卸すとか、市場に卸すとか、そういう一般的な販路の場合は「毎週○○キロ納品する」とか約束させられるわけです。

でも、自然農家は無肥料で生産量は不安定だし、気候が悪いと全てパァになってしまうので、

なかなか先のお約束が出来ないんですよね。

もし約束を守れないと、謝りに行って、信用を失って、それ以降そこには出荷出来なくなるというリスクがあるわけです。

とくに僕みたいな新規就農者は技術もペーペーだし、実績も無くて、非常に弱い立場にあります。

また、その販路の場合は、農薬や肥料を使う一般的な慣行農家さんと一緒に野菜を並べることになるので、

「虫食いで、小さくて汚い野菜」として扱われます。

値段も最低ランクです。

ですから、無農薬無肥料の自然農家として就農した場合、

一般的な市場に販路を求めることは、かなり厳しい道だと僕は思います。

では、どこに楽な道が開かれているのか?と考えるわけです。

僕は「苦の先には苦しかない、楽な道の先に楽がある」と思っている現代人です(笑)

なので、「血反吐を吐くような苦労の先に勝利がある!」とかのスポコン系はスルーしてきました。

話を戻しまして、どこに自然農家と相性の良いお客さんがいるかというと、

間違いなくスピリチュアル業界ですね。

マーケティング分析と言うのでしょうか(笑)僕は全然わかりませんけども。

僕は何となく、自分がスピリチュアル好きな自然農家なので、それを逆算しただけです。

スピリチュアル好きな人は、僕みたいに自然農の野菜が好きなんじゃない?と。

その通りでした。

しかもその場合、僕がいかに自然農の野菜が良いかと力説しなくても、お客さんは既に分かっているのですから楽です。

お客さんが自分で学んでいて、既に知識を持っている。

何なら、生産者の僕よりもずっと自然農野菜の価値を理解しているのです。

すると、お客さんを一から説得する必要がありません。

自然農家の楽な道はここにあったわけです。

ブルーオーシャンじゃないか!と思うわけです(笑)

すると「野菜があれば送れるけど、無いときは送りませんよ!」という一般の販路ではあり得ないワガママも、お客さんは許してくれます。

それから、寒にあたって見た目は悪いけど、味はピカ一なんだよなっていう作物も、送ると喜ばれたりします。

普通は一般の販路には出せずに、自家消費にまわすしかなかった見た目の悪い冬の作物です。

うちでは、クレソンがいまそうです。

葉っぱは縮れて見た目は悪いけど、

寒くて水に潜ろうとして茎が曲がって、そうすると僅かな甘みが出てくるのが、メチャクチャ上手い!という状態です。

そういうのもお届けできるわけですよ。皆、理解のあるお客さんなので。

普通はクレームを恐れて出せないですけどね。見た目が悪いと。

だから、無理に広告宣伝して大勢の不特定多数に売ろうとしなくても、

理解してくれるファンに売ると、ウィンウィンですよね。

配送業者さんのおかげでもあるので、ウィンウィンウィンですよ。誰も損しない。

そのカタチが自然農家としての成功テンプレートかなと思います。

はい。

僕は、時代の流れに乗っていれば万事上手くいくと思っている人間ですから、それも逆算すると、

自然農家が上手くいくなら、それは時代の流れに乗っていると考えられるなと思ったわけです。

僕は非常に上手く行っているので、それをモデルに皆が同じ様なことを全国でやって行けば良いんじゃない?と思っています。

つまり、自然農家というハブ(中核・拠点)になって、スピリチュアルな仲間と出会って、ゆる~くコミュニティ化するということ。

まあ、上手くいくかどうかは、その自然農家の人格にもよりますけどね(笑)

肥料も農薬も入れない自然農だと、生産者の波動も作物の成長の要因の1つとして影響大ですから、その意味で自然淘汰が働きます。

自然農家というのは、そもそも自然界から認められた人っていう事ですね。

誰もが上手くいくわけじゃないけど、だからこそ自分磨きも伴うので、やりがいがある役割りだと思います。

皆さんも、今年あたりからぼちぼち全国各地で自然農をやり始めて、小さなコミュニティをつくっていくと良いと思いますよ。

そしてそのコミュニティ同士でネットワークを作りましょう。菌糸ネットワークのように。

それがそのまま、未来の社会構築になりますから。

これから経済崩壊が進んで、徐々にマネーの価値は無くなっていきます。

マネーがマネーとして機能しているうちに、そういった有意義な、将来性のある事に使っていくといいと思いますよ。

まあ、お金に関しては今度のお話し会で、皆さんの固定観念を外していこうと思います。

現代社会で生きている人には、深〜く埋め込まれてますからね。

お金に困る人、お金に困らない人、そのどちらにも埋め込まれているお金の固定観念。

それはもういりませんからね。

僕が、皆さんのその固定観念を外すというより、

皆さんが自分で外せるように誘導するってことです。

そして、分かりやすく言えば、宇宙銀行の口座と皆さんを繋げて、

皆さんがこれまで貯めてきた「徳」という宇宙貯金から、皆さんへの流れを確立するってことです。

僕がやりたいのはそれ。

そして、僕みたいにノホホンと生きてはどうですか?と(笑)

そういう詐欺みたいなお話し会になるでしょう(笑)

前回のお話し会の音声ファイルも、次回のお話し会の申込みフォームも近日中にあげますね。

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です