スピッと自然農ブログ
無農薬無肥料の自然農家によるアタオカMAXブログへようこそ!
スピリチュアル

カオスの年明け

こんにちは😊
今日はママです。

少し出遅れました!
あけましておめでとうございます🗻

皆さん年末年始いかがお過ごしでしたでしょうか?

私は特に年明け以降から、非常に心乱れておりました😭と言うか今も😅

12月中にびっくりするほど体調を崩す友人知人が多く、私にも浄化の時が来るかと今か今かと待っていましたが(笑)、体調の大きな崩れは、今のところありません。

もしも自分も体調を崩したら家籠りすることになるかもと思って(笑)、年末の大掃除を遅らせていたら、結局体は元気なままだったので年明けにズルズルと掃除をすることに😂これも現在進行中です。

私の精神状態は、なんだか産後にクライシスになった時のような感じで、よくわからない情緒不安定さがあります😭

昨年は、感動やありがたさでしょっちゅう涙腺が緩んでたんですが、
今年に入ってなんだか悲観的やマイナスな気持ちになることが多くて急に涙が出たり。

………って、みなさま、このブログではこんな内容は期待していないでしょう😱ごめんなさい。。

それは分かっているし、もちろんここに書かなくてもいいんですが、、

せっかくいつも普段の心の動きや気づいたことを書いているので、これも、私にとっての一つの気づきで、同時に誰かにとっての何かの気づきになるかもしれないという感覚があるので書いています。

私たちは、魂の成長や、精神性を高めたり、波動高めることを常に目標にしていますが、それが一時的にできない時は、それはそれでそのままで良いのです。

それに対してまた落ち込んだり、怖くなったり、焦ったりもする。

そしてそれも、それはそれで良いのです。

別に、今全部完璧じゃなくてもいいんです。
というか完璧な人なんていないと思います。

この地球上に完璧がいるとしたら、それは人間ではなくて特別な役割を担った異星人なのか、異次元存在なのか、ゲームの作成者系の方たちでしょうね😂

だから精神的に浮かない時があったりしても良いとは思うのですが、それに飲み込まれそうでも、完全に飲み込まれてしまわないことは大事だと思います。

どう対処したらいいかわからないようなひどい落ち込みがあったとしても、

それそのものが私の本質ではない。
私の感情そのものは私ではない。

ということを、頭だけでもいいので理解していることが大切なんじゃないかな。

頭だけで、気持ちが全部追いつかなくても良い。

とっても基礎的なことですが、今一度これを機に書いておきたくて。

この時期に感情が繊細になることや、強いサイキックアタックにやられてしまうことはよくあるということ。

そして、私の尊敬しているスピリチュアルな人たちにもそういう現象があったということを告白してくれて、私自身勇気づけられたことも。

一番大きな沈み込みから少し浮上したと思ったら、次に思うべきは、

これは何のための試練だろう?
必ず乗り越えられる。
だから今目の前に起こったんだと、無理のない範囲で自分を鼓舞することですね😊

ちなみに、昨年末から私が見かけた今年の流れ予言と言うか、スピリチュアル関係者のチャネリング情報にも、こういう感情の動きの内容があったので、こちらにも記録しておきます。

2023年の予言と言うか予想と言うか…
これについてスピ界で一番多く言われていて、もはや常識の一つとなっているのが、
「混乱や崩壊」というキーワードです。

だけどこのあからさまなカオス状態は、主に外側の世界に関してのことを指します。

世の一般大衆の視点からすると、本当に混乱でありカオスである大変で困難な時期ですが、目覚めた人々からの視点で言うと、
カオスと混乱は、覚醒と識別を促すものであり、
何かが変わるために古いものが壊されなければならないという自然の流れであり
よりよく変換するためのエネルギーの変化であると捉えられます。

そしてこの2023年兎年は、偽りのない年、変容の年、深い心理分析の年であり、その真正性を保つには、大きな勇気と覚悟が必要だとも言われます。

自分が本当は誰なのか、
本当はどうありたいのか、
そして自分の核となるものは何なのか、その一つひとつに気づくことで、シフトが起こり始めます。

このシフトは、必ずしも容易ではないでしょう。

心理的な鎧に亀裂が入ることもあるでしょう。
感情的な鎧に亀裂が入ることもあるでしょう。
精神的な鎧に疑念が生じることもあるでしょう。
自分がバラバラにされ、分析され、解剖されていると感じるかもしれません。

わたしは一体誰なのか?
外側の世界にどんな自分を見せるのか、そして内側の世界ではどんな自分でいるのか?

それがきちんと融合され、揺るぎない一本の軸が無いと苦しくなり、そこに至るまでの殻を脱ぎ捨てる努力が必要であると。

ある意味、私は新年入った早々から、その変容を実感しているのかもしれません。

少なくとも、それで心が不安定なのかもしれないと思うと希望が持てます😌

世界的に有名な瞑想ティーチャーも、
私は誰ですか?
という質問を、毎回の瞑想前に自分に投げかけましょうと教えていると聞きました。

肉体をもってこの地球上にいる以上、それは永遠の謎であり、毎回毎回自分自答すべき問なのかもしれませんね。

そしてそれに気づき始めた時、何かをシフトするために今の自分の身の回りに何か障害があれば、それまでの壁を崩したり、それによって変化が起きたり、コンフォートゾーンが変わるかもしれません。

ある変化のために、一時は痛みを伴うかもしれない。

だけどその個人個人の内側でのカオスと混乱も、それぞれの心の覚醒と識別を促すものであると捉えています。

結局は世の中の流れと同じことが、内側でも起こっています。

大きな時代の流れ、地球の変化と同じ💫

偽りや無関心やごまかしを乗り越えて、それぞれの真正性に向けて、着実に歩みを進める年にしていきましょう。

二極化という言葉も流行っていますが(笑)、くれぐれも、もう分かれてしまっているから私はダメだと諦めたり、気力をなくしたり、それで波動を落とし込んだりしないでください。

繰り返しますが、今、すでに完璧である必要はありません。

ライトワークをしている中の浮き沈みをきちんと受け止めて、向き合って乗り越えて、内側の輝きを増大させる年を、一緒に作っていきましょう✨

それではみなさま、本年もどうぞ宜しくお願いいたします😊♫
love and gratitude💖

POSTED COMMENT

  1. アリガトウキャンプ より:

    こんばんわ。

     今年もよろしくお願いします。

     そして、今回も素晴らしい情報をありがとうございます。

     ママさんの体験談はとてもご参考になるもんですから、いつもお手本にさせて頂いております。
     とてもリアルでお正直な情報に感謝します。

     では、早速ではありますがコメントさせて頂きますね。

     今回は「わたしはだれ」というテーマについて

     「わたしは誰」ということについてですが、これは恐らく全宇宙の存在に言えることで永遠のテーマである。とわたしは捉えています。

     ある説によると、宇宙が始まる前、宇宙の大元が突然、意識をした。「わたしはだれ」と。
     これが波動エネルギーの宇宙物語の始まりだと。

     この大元くんは何故自分がここにいるのか、何故自分が自分を意識したのか、そもそも、わたしはだれ。となったそうな。

     大元くんは自分だけがここにいても何もわからないので、自分を2つに分けて、さらに4つに分けて、、、を今も繰り返していっていると。

     自分をたくさんに分けているので何かがわかるんじゃないかと。

     大元くんから分かれた存在はそれぞれの意識と意志を持っていて、個性を持っている。
     つまりはこの分かれた存在が全宇宙の存在たちであると。
     もちろん、わたしたち人類もそうですね。

     ふむふむ、と。

     この大元説を自分に当てはめて考えていくと納得するんですよね。

     そもそも、今、わたし自身も思っています。わたしはだれかって。

     一体どこからきたのか。

     何故、地球に来たのか。

     何故、この時代にきたのか。

     全宇宙の存在を数えると恐らく数え切れないほどの存在たちがいる中で、何故にそもそも人間なのか。

     これはいくら頭で考えても応えが出ない設定にしているのでしょうね。   

     誰が。

     自分ですね。

     少なくともわたしはわざとそのように設定して地球にきました。

     すべての記憶と経験をわざと置いてきました。置いてきたというよりもわざと忘れている、ということですね。
     早い話、すっとぼけているということです。

     何故、こんなことをするのかといえば、この大元くん説に繋がるわけですね。

     わたしはだれか、というその応えを「初めから知る」ために、予め自分でパズルのピースをそこら一体に散りばめておいて、すっとぼけながらも人生の中で1つ1つ拾い集めていって繋ぎ合わせたとき、

     あ!わたしはこのような存在だったんだ、というこの経験を大元くんの元へ持って還ることによって、大元くんの何かしらのヒントになるんじゃないかと思うわけです。

     ママさんのお話にもあったように、世界的に有名な瞑想ティーチャーの方も、 私は誰ですか?
    という質問を瞑想前に自分に投げかけましょうと教えていると。

     そうなんですよね。

     宇宙全体視点で捉えてみると、みんな、わたしはだれっていうゲームをみんなで一緒にしていて、答え合わせでもしているのではないか、とも思えます。

     ちなみにわたしの考察では大元くんも普通にすっとぼけているのでは。と。

     そもそも、自分を分けることを知っているか出来る時点ですっとぼけている動かぬ証拠であるも思うわけですが。

     しかし、これはおいておいてと。

     ある1つの宇宙物語を終えた又は完成したと自分で気付いたときは眠るわけですね。スヤスヤと。
     今までの全宇宙存在たちの経験や体験にゆっくりと浸りながら。

     それが済んだらその記憶を自分で浄化していきます。

     すべての記憶をリセットですね。

     リセットが済んだら、わざとらしく、パッと目が覚めると。
     あら、わたしはだれってなるわけですね。

     ここから第2の宇宙物語がスタートするわけです。

     これが永遠と続くのでしょうか。

     これもぐるぐると回ってますね。

     宇宙が循環するのなら、創造主の大元くん自身も循環していると、考えることができますよね。

     以上は大元くん説が真実だったら、の話でした。

     現代社会での認識ではビックバン説が宇宙の始まりだと言われていますが、、、こ、これは、、

     いいえ、やめときましょう。

     ちなみに

     このビックバン説や大元くん説以外の説って他にもあるのでしょうか。

     わたしは調べた限り、この2つしか知りません。

     もしも、他にもこのような説もあるよ、と知っている方がいらっしゃいましたら、是非とも教えて頂けると嬉しいです。

     では、今回もありがとうございます。

     また、コメントさせて頂きますね。

    • michitaka より:

      アリガトウキャンプさん
      今回も素晴らしいコメントありがとうございました!

      確かによく言えばリアルでお正直な情報でして…そう受け止めていただいて、キャンプさんの愛ある器に感謝感謝です🌹

      「わたしはだれ」というテーマについての壮大なスケールのお話、素晴らしいですね!

      大学時代の私は全くスピリチュアルでもなんでもなくいわゆる普通の一般大衆側だったんですが、
      とても変わり物で気分屋な、けっこう付き合いが大変なサークル仲間がいて、
      その人が先輩に質問された、幽霊とかそっち系は信じる?って言う質問に対して、
      「今の生物に繋がる何かが無から生まれた瞬間って、目には見えない意識があったと思うんですよ。」
      って言ったことを今でもはっきり覚えているんです。
      その人についての記憶と言うと、とにかく偏屈屋でそういう難しいよくわからないことを言う人だったから(笑)、他の思い出は特にないんですが、20年近く経った今でもその言葉だけははっきり覚えていて、今の私の感覚との近さを感じています。
      当時の私からの、何十年かかけての伏線回収というところですね!

      その時の意志とか意識が私たちを作っている……
      抽象的だけど、不思議とすんなりと納得のいく、素敵な波動エネルギーの宇宙物語の始まりです😊

      だけど私たち個体の一つ一つすらかなりこんがらがってるんだから、
      そのは大元くんは完全にひっちゃかめっちゃかのカオスになってますね😂😂
      そこが、どんどん深まって楽しいところなんでしょうけど😊

      大元くんのためにも、世界を調和で一つにつなげようって一人一人が意識したり心を動かしていくことが大事なんだろうなって。

      私も、そんな感じの大元くん説を信じて、今日も進みます💫

      確かにいろんな説があって調べだすと面白いかもしれません。ちょっと私の専門ではないかもしれませんが(笑)、私はどんな説も結局は似通っていて、それぞれが納得していたらそれでいいと思うんですよね。だからあまり突き詰めないタチですね。
      自分の感覚もぼんやりでいいんじゃないかなって個人的には思ってます😊
      だけどぜひおもしろい説があったら、ドーンと教えてください!楽しみにしてます🥰

      では、また今後もよろしくお願いします🌹

  2. つちのこ太郎 より:

    毎度、ためになる情報ありがとうございます。

    ママさんパパさんに相談です。
    このママさんの記事のなかにある浄化について。
    文面からは
    体調崩す=浄化とあり
    良いこと、好転反応?
    といったニュアンスに受け取れます。

    私は、ここ3年ほど前から胃痛があり、主にストレスと食習慣からくるものと自覚しているのですが、
    良くなっちゃ悪くなるを繰り返しており、去年の12月中頃からいよいよ辛い。

    これはつまり
    ストレス(思考や生活習慣)と食習慣を本気で見直さないとならんタイミングなんだろうということで、今は別の記事にキャンプさんがコメントされているように、(ためになりましたありがとうございます!)
    一日一食からさらに減らして不食5日目です。
    もともと太かったお腹の脂肪がみるみる減りこの一ヶ月で体重が6キロ減りましたが、ふらふらもせず。
    今のところ胃は相変わらず痛みますが、そりゃすぐすぐにはなおらないだろうし、食生活の改善、食に対する意識がかわり、またストレスを感じる思考がゆるんで、それが本当に身に付いたその時、治るもんだと思ってます。

    これが、浄化ちゅうことなんでしょうか?
    今がその時期なのでしょうか??

    アドバイス頂けるとうれしいです。
    よろしくお願いします。

    • michitaka より:

      つちのこ太郎さん、コメントありがとうございます!パパです!

      「胃のトラブル」それは胃炎だったり、胃潰瘍だったりと、いろんな段階がありますね。

      とりあえず断食をされているということで、短期的にはそれで良いのではないでしょうか。

      ただ、一時的な対処療法ですので、

      断食によって落ち着いたら、根治療法に取り組めるといいですね!

      根治療法の場合、まず「すべての身体の不具合は精神の不具合から来ている」ということを受け入れる事からはじまります。

      原因は精神にあり、その結果が肉体に出現しているということです。

      その前提の上で、胃のトラブルについてお答えします。ご参考までにどうぞ!

      物理的に「胃」という臓器は食べ物を「消化」する場所です。

      結果の世界であるこの現実世界で、そんな役割りをしている「胃」にトラブルが出現している場合、

      本質的な捉え方として「何か、消化することが出来ていない事がある」と考えることができます。

      何か「納得いっていない事」があると、胃が痛むという現象が出現するわけです。

      例えば「他人をこう変えたい」というような、不可能な思いを強く持っていると、消化不良で胃が痛むわけです。

      そもそも自分以外は変えられないですからね。

      なので、胃に異物が入ったら吐き出すのと同じで、

      「自分以外を変えたい」という考えを手放してしまうのがいいと思います。 

      また、胃というのは「心臓(ハート)」に近い臓器ですよね。

      なので、胃のトラブルは全て「愛」と密接に関係しています。

      「大きな愛で他を許容せよってことか!」という気付きに繋がっているのが「胃」のトラブルです。

      胃のトラブルが表面化してきたのも、

      いよいよ次元上昇の並がその高さまで上がって来たということではないでしょうか。

      言い換えると、それに気付き克服する準備が出来たからこそ、その事象がやってきたということです。

      自分自身を内観し、原因を見つめて、変化していくといいと思います!

      パパでした。ありがとうございました!

  3. つちのこ太郎 より:

    ありがとうございます。それこそが求めていた答えです。

    近い存在(親、嫁、子)と自分を重ね合わせ、そのズレがストレスとなっているのです。
    愛と調和に向けた一歩は身内から。
    改めて意識し、身に付けます。
    ありがとうパパさん!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です