スピッと自然農ブログ
無農薬無肥料の自然農家によるアタオカMAXブログへようこそ!
シナリオ

聖書の固定観念が外れた!

フェイスブックページは更新してましたが、ブログは空いてましたね。

今日は朝から神奈川まで子供のランドセルを引き取りに行ってきました。

道中、CGSのユーチューブを聞いていたんですが、面白かったです。

CGSチャンネルは情報の質が高いですね。皆さんも物色してみてください。

橋本自然農園の橋本さんとの対談とか、非常に勉強になりますよ。

まあ、今回僕が聴いていたのは石井希尚氏(いしいまれひさ氏)の動画です。

それをダウンロードしてMP3にしてスマホで聴いてました。

「世界を読み解く聖書の話」ですね。12話までありました。

ここにまとまってましたけど、11話までしかまだ張り付けてないようですので、

12話は自分でユーチューブで検索すれば出てきます。

https://www.gstrategy.jp/blog/blog-cat/international/sekaiwoyomitokuseishonohanashi/

面白かったです(笑)

石井さんは、キリスト教の牧師であり、作家であり、ミュージシャンという肩書きの方でした(笑)

言いたい事はまず、

「聖書=キリスト教の経典ではない」ということです(笑)

え?どういう事?と。

実は聖書はヘブライ的でアジア的だというのが本質だと。

キリスト教が「聖書」を「支配拡大・統治システム構築の為」に利用しているに過ぎないのだと。

本当は「日本人のほうが聖書を理解できる。これは地球人の本である。」と。

「おほぉ?また固定観念が外れるかも知れないな〜。」と思ってワクワクして聴いてました。

僕はこれまで「聖書はキリスト教の経典」だからと、あまり興味を持って読むことはしていませんでした。

地球で一番読まれている本なのに(笑)

この本はグローバル勢力に利用されているだけなのだと言うわけですよ。

しかも、特に日本人には読ませたくない本であると。

そう言われたらねえ、

読みたくなっちゃいますよねえ(笑)

そして、この聖書というのは日本人が読むと「非常によくわかる」ことだらけだと言うのです。

「非キリスト教文明である日本人の方が聖書的である」と。

この方が911のあとに「これを実行したのは、ビン・ラディンではない」と当時出版した本に書いたとき、国家公安委員会が圧力をかけて来たそうです。

その本は絶版でプレミアがついて高値で取引されてるみたいですけどね。

いや〜。闇の勢力のお掃除が進んできたからこそ、この人の話を普通にYou Tubeで聴けるようになったんすね。

しばらく、この方の書籍と聖書を探求してみようと思います(笑)

でも、いいですか?皆さん。

僕がいつも言っていることですが、誰が正しいとか間違いかという視点で情報に触れないでくださいね。

一人ひとり、それぞれが自分の現実世界を持っているということを思い出して下さい。

ですから、他人を盲信することのないように。

取り入れたい情報だけを取り入れる事です。

それが最善です。

さて、チラッと金融市場の動向を見てみましたら、

円高が進んで来ましたね~。

基軸通貨ドル崩壊のシナリオは順調に進んでいるようです。

金融崩壊がこうして水面下でジワジワ進んでいる今のうちに、お金の固定観念を外しておきましょうね。

でないと、ワクチンと同じで痛みを伴って気付くハメになりますので。

たぶん、お金の固定観念を持ったままいると、

金融崩壊が表面化する頃に、

「はうあ!札束はあるのに水もお米も買えないやんけ!」

と食糧危機を経験してしまいますよ。

必要な気付きとして現実世界にその事象が出てくることになります。

お気をつけくだされ。

日曜日のお話し会は、そういうお金の固定観念を外すお話をします。

ありがとうございました!

POSTED COMMENT

  1. アリガトウキャンプ より:

    こんばんわ。

    何度もコメントを失礼します。

    これはどうしてもコメントさせて頂きたいと、心がふるふるしたものですから。

     よろしいでしょうか。

     ありがとうございます。

     では、早速。

     「聖書を利用する」ということを拡げていくとある気付きを得ることができました。

     パパさん、感謝します。

     この現代社会で「悪」と認識されているものすべてが「悪」として利用されているのではないか。ということです。

     ここからアタオカ発言と化しますね。

     では

     さきほど、温泉に浸かりながらぼーっとしていたのですが、目の前に三角の形をした大きな岩くんが居てるので話しかけたんですね。

     わたし「君は可愛い三角の形をしているね。いい形だよね好きだな~」

     岩くん「ありがとう。でもぼくの形は嫌われているみたいで。」

     わたし「あ~。そう言われてみれば確かに三角を嫌う人が多いような、レプくんが利用してるからかな〜」

     岩くん「ぼくだけじゃないんだ、他にもただそこに在るだけなのに悪者にされてるんだ。」

     わたし「もしかして、レプくんたちがみんなを利用して悪者にしてるってことかい。
     人の身体や他の存在たちに悪影響を及ぼすように操作して、みんなを悪者にされているってことかな。」

     岩くん「みんな、何も悪くないのに、人間に悪い悪いっていつも言われてたらさ、辛いよ。」

     〜

     という話?テレパシー?をしていたわけですね。

     ふむふむと。

     レプくんたちがその物質たちを集めて調合操作し、他の生命体へ悪影響を及ぼす物質へと変化させてそれを人類社会へ投下する。

     すると、人は身体に悪影響を及ぼすことを実感するためにその物質を「悪」と捉え始めてその波は大きく広がっていく。
      
     その物質へ人類からの重いエネルギーが常に注がれるようになり、物質との分離が加速されていく。

     分離が加速するということは波動は重苦しくなっていくので、レプくんたちの好きな次元の世界となる。

     ぐぅ〜なんてことを。

     人類同士を分離、分断作戦をすることが大好きな変態さんだとは知っていましたが、まさか、物質くんたちにも及んでいるとは。。

     だって、物質くんたちはそこに普通に在るだけですよね。
     だからそのままだったら他の存在へ悪影響もないわけでしょう。

     それを人工的に操作するから悪影響という事態になってくるのではないでしょうか。

     悪と認識してしまっている物質くんを悪と捉えて生きて死ぬと、分離したままになるのではないかなと。

     よく考えたなレプくんは

     何なんだきみは本当に

     これはもうすべてを愛で包み込むしか無いようですね。

     ありがとうございます。
     スッキリしました。
     また、コメントさせて頂きますね。

    • michitaka より:

      アリガトウキャンプさん、コメントありがとうございます!

      確かに、何かを避けたり嫌ったりした状態で死んでしまうというのは問題ですよね。

      最終的には全てを許す!それに尽きるのかと思います!

      ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です