サル痘だってよ?

最近は世界的にサル痘ウイルスが流行ってきたと言われているようですが…

「次なるパンデミックか?」とか。

あのぉ…。それって単に自然免疫水疱症なんじゃないんですかね。

帯状疱疹がものすごく多くなっていますよね。それのことじゃないのでしょうか。

結局、全部アレによって、免疫が下がったからでしょうよ。

だって、本当はコビ19だけじゃなくて、ウイルスすべてがこの世に存在しないんだから。

ウイルスって言われているものの正体は、振動が同調して、自分の細胞が変異してるだけですよね。

だから、お注射で自分の体内にその振動数を放つ物質(毒)を入れてしまったら、そら体中で同調して不調をきたしてしまうでしょう。

自然免疫では処理が追いつかないほどの量の毒だから、その毒の処理で免疫機能は手一杯になってしまうのです。

そのため、ガンを食べ尽くせなくなったりして急にガンが進行したとか、今まで免疫で制御していた病気が抑えられなくなって悪化したとか、そういうケースが多いのでしょう。

つまり、自然免疫は全部、毒に同調して変異してしまった自分の細胞の処理にかかりっきりになってしまうので、

必然的に「免疫不全」という状態になっているということ。 

そういうことですね。最近はそういった見方をしている研究者をチラホラみますね。海外では。

なのでその線で推察すると、打ったとしてもその毒の波動に同調しないような、ポジティブな精神の波動を出してる人は何の不都合もないのでしょう。

その場合は、そのうち毒が排出されておしまい。毒の波動に同調しなければ、細胞は変異しないわけですからね。

ただ今回はDNAまで書き換えてしまうって言われてて、ずーっと影響が残るらしいですね。

ただ、DNAというものは本当は存在していないって言う研究だってありますからね。

なのでDNAが書き換わるから打ってしまったらもう終わり、って話も別に確定じゃないでしょ。

確定じゃないってことは、シュレディンガーの猫のように、観測するその瞬間まで答えはわからないわけだから、

目一杯ポジティブに考えておけばいいだけですよね。自由意志に委ねられてるということです。

結局のところ、人体は何にも解明できてないんです。

人体は宇宙。

まあしかし、今回も人類はサル痘を「次のパンデミックだ〜!ヤバい!こわい!」と騒ぐのでしょう。

僕は「ま〜たやってんなぁ!」と思ってますけども。

そうやってシナリオが進むにつれて、気付いている人と気付いていない人の枝分かれが進みます。

気付いていない人は、まだ自分では細かく調べていないだけなのですよね。

自分で調べさえすれば、すぐに気付く事が出来ます。ただそれだけの事です。

なので、別に「あんたまだ気が付かないの?」と責める心を持つ必要なんかありません。

逆に「あなた正気?陰謀論に取り込まれて可哀想ね!」と思われても、別に良いじゃないですか。

「イカれてるんで、お構いなく!(笑)」とノラリクラリしておけば。

すべてが最善。それぞれの魂によって、必要な学びが違うだけですから。

自分で気付けば、あとは勝手に適応していくでしょうから、もう今となってはそこに執着しないことです。

ああ、そうそう。

別の話ですが、世間でも食糧危機がにわかに言われはじめました。

無理やり食糧危機を演出しはじめましたね。

田植えのこの時期に全国で水路が一斉に壊れたり、輸出に制限をかける国が出てきたり、火災で食品工場や倉庫が消失したり。

これらの事象。

決してネガティブに捉えないでくださいね。

浄化のプロセスなんですから。

人間界に蔓延している添加物や、化学物質等に汚染されている食糧生産の時代が終わり、

生命力みなぎる本物の食糧の時代へとシフトするわけですよ。

今後、新しい時代に相応しくないものはぜ~んぶなくなっちゃいます。

だから、良い事なんですよ。

くれぐれも「食糧危機!えらいこっちゃ〜!」って恐怖のカテゴリーで捉えないこと。

備蓄するのは、分け合う為です。

それをきっかけにして、新しい時代の共生コミュニティが構築されていくわけですよ。

あんまり言うと、ネタバレになっちゃいますからね、あとはリアルな世界で楽しみましょう。

ありがとうございました!

Author: michitaka

2 thoughts on “サル痘だってよ?

  1. コテツさん、コメントありがとうございます。
    現実に起こることは全てが最善です。どのような結果も、どうポジティブに解釈するか?が、実はとても重要なのだと僕は思います。それを積み重ねていくと、そういう回路が脳内に出来き、どんどん太くなります。すると、より早く、より楽に、ポジティブな解釈が可能になります。そして、解釈の問題ではなく、現実に奇跡やラッキーが頻発してきます。と、何故か書きたくなりました(笑)読んで下さって、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。