覚醒する?(笑)

最近は更新頻度が遅いので、記事は厚めにしています。スーパーの駐車場でカタカタと書いてます。

何度かに分けてお読みください。

今日は少し現実に近い目線で、今を見てみようと思います。

あんまり俯瞰して見すぎても、「全ては空である」という一言で片付いてしまいますからね。

それでは書くことが無くなってしまいます(笑)

どーれ、ふむふむ。

基本的に今の時期は「崩壊と淘汰」がテーマの時節ですから、ネガティブ面が多くなりますが、

ネガティブに向き合って捉え方をポジティブにするという訓練には適しています。

影が濃くなれば光も濃くなります。そういう意味で書いてます。

さて、世の中、ますます荒れ狂って来ているようです。

一応、念の為言っておきますが、

僕は個人的に、これから出てくる如何なるお注射も新薬もNOです。

それから、今後はグローバル企業の加工食品、飲食物にも気を付けます。

今月に入って、あらゆる食材が値上がりし始めたようです。

給料は上がらないのに。

そんな中、比較的安い食品というのは魅力的ですよね。

仕方なく、そっちに大衆が流れていくと想定できます。

その流れは利用されるでしょう。

食品や飲料の中に「酸化グ○フェン」や「ナノテク」が入っているという暴露も世界的にあります。

口にするもの、体内に入れるものにはこれまでよりも注意を払った方が吉でしょう。

だいたいいつも、最終処分場になるのは日本ですから。

そりゃそうと、やはり世界中で人口が急減しているようです。

日本でもコロナ死亡数は、騒動から2年半でトータル3万人でした。

それに対して、今年の超過死亡数は、なんとまだ3月時点で3.8万人も。

ちなみに去年の超過死亡数は6万人で戦後最大です。驚愕。

諸外国も同じ。

というか日本よりも早く打ってるのでもっとひどい結果が今でてます。

まあ、本当は「コロナ死亡者」というのはいないのでしょうけどね。

そもそも存在しないウイルスですから。

そのことは以前書きました。

↓真実を知ろう-ローカルス記事-

https://rawcals.com/zhen-shi-wozhi-rou/

つまり、新コロなんて本当は存在してないよ状態。

え?ってなりますよね。

そう。何度も書いていますがこれはパンデミックではなく、計画されたプランデミックという説が濃厚というわけです。

人類、まんまとやられております。

そのことは、この人もツイッターで訴えていますね。

ほとんどの人は新型コロナウィルスが存在しているという前提で話しますけど、

この方は最初から一貫して違う。

「存在してないんだから!」と。

すると、

じゃあ、入院して重症化したりコロナ後遺症は、なんであるのよ?

実際にコロナ死の人がいるじゃない?と疑問を持つ人がいるはずです。

それはレムデ○ビル(ベクルリー点滴静注液)という特例承認のおクスリを投与されたからでしょうね。

↓「レムデ○ビルの日本での薬剤名【ベクルリー点滴静注液】。未接種者の方、絶対に打たないで下さい。」ブログ記事↓

https://ameblo.jp/lark6-11/entry-12739449078.html

↓「重要‼️ 未接種はこの薬名を覚えておいて下さい‼️」↓ブログ記事

https://ameblo.jp/yoshi1020nihei/entry-12738905238.html

軽症でも急に重症化する、いわく付きの薬と言われています。

それって、毒を盛られたのと同じなんじゃない?と考える方は世界中に沢山います。

つまり、そのおクスリは毒!?という疑いがかけられているわけです。

辻褄は合いますね。

そういう可能性を考えることは、今は無駄じゃないと思います。

↑イベルメクチンはもう特許が切れてるので病院では一粒50円くらいなのに、新薬は高すぎませんか?

お得意の利権と癒着のニオイがプンプンですね。

↑宗像先生、生前は何度かお話を聞きに行ったことがあります。正義のお医者さんでした。

はい。

それから、もう1つ指摘されているおクスリがこちら↓

米メルク社が開発した新型コロナ治療薬。

日本名は上の画像の一番上に書いてありますね。マルRがついている小さい方の名前で病院では使われています。

文字にするとAIに引っかかるので避けます。

コチラも疑惑の目を向けられているおクスリです。

ホント、今の時期は情報を持っているかいないかの差は大きいと思います。

はい。

調べれば情報はすぐ出てきます。

そのハードルは高くありません。

ただ、調べようという気になるかどうか?

それがものすごくハードルが高いわけですよね。疑いの目を持てないのです。

ですが、これから体調が悪くなってくると、いよいよ不審に思って調べ始める人も出てくるでしょう。

そして、いったい何故、国民は騒がないのか?

なぜメディアは報道しないのか?

と不思議に思うかもしれません。

…それはですねえ。

人口削減というのは、国をも巻き込んだ大真面目な計画だからです。

スローキラーアイテムと言われるこのお注射。

人々の免疫が亡くなり、突然死が増えてくる。

海外ではこの現象にもう名前までついたようです。

SADS(成人突然死症候群)と。

↓「SADS = 成人突然死症候群(Sudden Adult Death Syndrome)」↓ブログ記事

https://kuma-sec.jp/2022/06/12/sads-%E6%88%90%E4%BA%BA%E7%AA%81%E7%84%B6%E6%AD%BB%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4%EF%BC%88sudden-adult-death-syndrome%EF%BC%89/

パタッと突然死んでしまう。

別に未知の奇病ではありません。

お注射で自然免疫がゼロになっているので、発熱したり、ダルさを感じる事もなく、身体の電池が切れたように突然死してしまうのでしょう。

世界的にシナリオが進行してきたということですね。

日本では夏から秋には表面化してくるでしょう。

こうなる前に周囲の説得やお子さんの学校などへの訴えなど、色々としてこられた方も多いでしょう。

家族や友人や知り合いが打ってしまったら、ド~ンと大きなショックを受けますよね。

「えーっ!打っちゃったの?マジかよ…言うだけ言えば良かったのかな?」と。

ですが、後悔しても仕方がありません。自分の現実に起こることは全てが最善です。

はい。

今はこれまでの常識がガラガラと崩壊するときです。

この崩壊を経験するために、あなたはこの時に生まれてきました。

何がどう間違っていたのか?と注意深く世の中の崩壊を見ていましょう。

すると、全部、土台から間違っていたことに気が付くでしょう。

歴史も、科学も、地球の姿も、宇宙観も、宗教観も、全てが植え付けられたウソだったと気が付くでしょう。

そこで、ちょっと皆さんに考えてみて欲しいことがあります。

ここをお読みの皆さんはもうアセンションに成功しているので、自分が思うよりもかなり頭の回転が速くなっているはずなのですよ。

だから、わかるはずです。常人よりさらに1段階、奥深い考察を出来るはずなんです。

だからオカルト扱いではなく、真面目に話します。

これまで人類は自分達こそが、この地球の最上位種族だと思っていました。

しかし、本当にそうでしょうか?違う可能性はないでしょうか?

「あるわけないだろ」という根拠のない否定の先にある、もう1段階奥にある思考領域を使って考えてみてください。

もうブロックが外れているため、そこにいけるはずですから。

いいですか?よーく考えて下さいね。

僕は農家なので、農業に例えてお話します。

農家は野菜を間引きします。

バラバラバラっと種を播いて、その後優秀な個体を残して後は取り除いてしまいます。

ごめんね〜と。

畜産もそう。何頭かは子供のうちに淘汰されてしまいます。

それで良しとしています。

今回のプランデミックもそれと同じ可能性はないですか?

人類の間引き。

優秀な個体を残す。

ここで立ち止まって考えてみて下さい。

「優秀な個体を残す」という共通点から見えてくるのは、何ですか?

人間が野菜や家畜にしたりする間引きというのは、生態系の中で、より上位にいる種族が行っているということ。

まさか優秀な人参を残し続けていたら、やがて将来、人参が人類社会に反旗を翻す可能性があるかも?

なんて事は、全く考えもしていないということです。

よくこんな事を言う人がいます。

もし本当に「人口削減」があるのだとしても、それなら尚さら、

反ワクみたいな反抗的な人間こそ真っ先に削減されるはずでしょ??という考え方を目にします。

しかし、それは人間が人間を間引きしているという前提での話ですよね。

例えばそれは、植民地戦略のレベルの話しでしょう。

しかしもし、人間以外の上位種族がいたとしたら?

今回のプランデミックをどう見ているだろうか?と想像してみてください。

実際、彼らはこう思っていますよ。

「この程度の事に気が付かないような人間は、残す価値はなく、淘汰されなければならない。

生物としての生存本能が退化しているということだ。

我々が行っているのは種の進化を促すための間引きでもあるのだから。」と。

その可能性を考えたことはありますか?

農家のやる間引きと一緒の考えですよね。

それがレプティリアンという存在なのです。

彼らは人類よりも一万年以上進化した、人間よりも上位の種族です。

どうあがいても、人類が自分達に反旗を翻すなんてことは無理だと思っているからこそ、

気付いている人間を「優秀な個体」として、選別することが出来るのです。

しかし、そんな彼らでさえも、もっと進化した銀河連合に討伐され、地球を永久追放されてしまいました。

それが今起きている浄化です。

まずは彼らの手先を逮捕し、彼らの作り上げた帝国、仕組みを崩壊させている真っ最中というわけです。

レプティリアンを頂点に築かれた社会全てがリセットされます。

そして、これから人類は新たな知識を積み上げて行くことになります。

そのためには、これまで植え付けられた常識は、全てウソだったと気が付かないと始まりません。

闇を知り、「意図的に植え付けられた知識」だということに、各々が納得しなければ始まらないのです。

僕はよく、自分は何をするかをよく考えておいて下さいと書きますよね。

それは自分の使命を思い出すという意味です。

その時に占星術が役に立つのです。

星は天体ではありません、上空に投影されたプラズマです。

しかし占星術はだからこそ有効なのです。

あれは人生の航海図のようなものです。

自分の使命を時々確認するためにある地図なのです。

人生に迷った魂が、もう一度自分の使命を思い出すための手掛かりとなるヘルプ機能でもあります。

それが占星術。星読みです。

占いではなく、もっと現実的なツールなのです。

ここが魂を磨くための人工的なステージだという概念を忘れずにいましょう。

そして、各々が持って生まれた役割を全うし、

他の魂に奉仕し合うことが全てに共通していることです。

その学びを制限されていたのが、レプティリアン支配下にあったこれまでの人類です。

人生を希薄化されていたわけです。好きな事は出来ず、生きるために労働するように教育されてしまう。

そして常にネガティブになるようにコントロールされていました。

メディアのニュースは事件や事故ばかりですものね。

何故なら彼らは、その周波数帯域をエネルギー源とする生命体だからです。

また、人間に擬態するために、人間の血を必要としています。

ヴァンパイアの話は実はレプティリアンから来ているのです。

はい。脱線しました。

話を魂の学びに戻します。

誰もがお金や生活の為にやむなく働くのではなく、

自由にやりたいことをやって、他者に貢献し合う世の中こそ理想の世界です。

すると、科学も芸術も進歩のスピードが桁違いに早くなります。

魂の進化のスピードも早くなりますね。

それは、イコール全体の魂レベルを向上させることに繋がります。

やりたいこと、幸せを感じること、それを目一杯やる人生を、誰もが生きれるようになるでしょう。

今日は以上です。

一回の記事としては情報が多いと思います。

どんどん短く、無駄を削ぎ落とす時代に逆行してますよね。

しかし、僕があえて濃密に、しかも記事を長くする意味は「進化」にあります。

例えば、深海では1メートル移動するのに物凄く時間がかかります。

そこでは生物は皆さんゆっくり動いています。スローモーションみたいに。

でも、地上での1メートルでは、生物の動きは素早いでしょ?

それと同じで、これまでの3次元世界では情報過多に感じる難しい事だったとしても、

今向かいつつある5次元世界では、簡単に理解可能な情報量なのです。

なので、今から慣れていきましょう。

読んでくれてありがとうございました!

ではまた!

追記

ビットコインの暴落が止まらない勢いです。

株価もジワジワ下がってます。

金融崩壊はもう時間の問題といったところでしょうか。

あとは戦争に巻き込まれるか、巨大な自然災害があるか。

ロシア艦が千葉県沖に南下

日本はウクライナに物資やら防具やら支援してるので、当然ロシアからしたら敵国でしょう。しかもDSの資金源でもありますからね。

何が起きようとも、すでにアセンションしてる人は何てことありません。

だからもし、その時が来たらパニックにならないで。

自分のHeartに集中して下さい。

世界中に数億人いる覚醒者と繋がっていると感じることでしょう。

Author: michitaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。