走馬灯視点

こんにちは☺
今日はママです。

まだまだ大量の記事候補メモが残ったまま(笑)、今日も今この瞬間の思いつきで、新たなものを書いています😁

実は先ほど、警察交通課の方から電話がありまして☎
…普通ドキッとするでしょう?

まぁかかってきた時は名前が出なかったし、固定電話の山梨の局番だったので、役場とか歯医者とか何かかなーというノリで出ました😅

そしたら、警察署の交通課です。というようなことを言われて……
パパが事故った?!とか思う間もなく、
実は私、思い当たる節があったので、頭の中がサーっとその記憶とドキドキに変わりました。

実は9月末に、交通事故一歩手前の現場を目撃したんです。

私の車が停車線前で停止する直前ぐらいに、目の前でマウンテンバイクの女性が派手に転ばれて、その場で倒れて意識はあるけど出血多量だし動けない状態に。
私もかなりパニックで周りにほとんど人がいない中、どうしようどうしよう…と、なんとか介抱したり助けを呼んだり諸々やっていました。

それで自分としては、自分の車とそのマウンテンバイクさんの転倒に関係があったなんて思いもよらずにいたので、救急車で運ばれたらそこで一通り終わり。と思っていたんですね。

そうしたら、交通事故かもしれないと思った方が警察にも連絡されていて、私の車のドライブレコーダーにちょうどくっきり写っていたので、それをもとに何度も車と転倒の関連性がないか事情聴取的な事を、かなり長い時間されました。

それで
「相手の方の状況説明も聞かなければいけないので何かありましたらまたご連絡します。」とのことで…
目の前でこちらは車に乗っていたわけだから、誘発事故だと捉えられる可能性もなくはなかったのですが、交通事故と扱われなければただの自転車の転倒。
少なくとも状況証拠と私側の見解からしてもほぼ間違いなく事故ではないわな…という感じだし、すると私は近くにいた他人というだけであり、その方のその後や様子を聞く権利はないわけですね。

結局、音沙汰がないまま2週間以上。
最初こそモヤモヤしたんですが、こちらからはなすすべがないため、そのまま忘れるしかないと、もう気持ちは切り替えていました。

そして今日突然の警察からの連絡。
色々とドキドキを抱えながら用件を聞いてみると…
「あの節はレコーダーの提供など、ご協力いただきありがとうございます。
転倒された方は、骨折などでまだ入院中ですがとても元気で、転倒直後に介抱してくれたあなたに是非お礼が言いたいそうです。お電話とお名前をお伝えしても大丈夫でしょうか?」ということでした😳

それでその「是非お礼が言いたいそうなのでご連絡先を……」のくだりを聞いた時に不思議なことが起きて……

それこそ走馬灯のような感じで、日常を含め色んな記憶がサーッと流れて、と同時に意識が拡大して、
広大な場所から小さな地球を、
そしてその中にいる小さな小さな自分を、
ただただ見つめているような感覚になりました💫

そして、今回の事に巻き込まれたのは、この走馬灯経験をするためだったのかなーってその後ぼんやり思いました。

正直この電話受けた時に予想したのは、
「事故ではないとの処理が正式に終わったので大丈夫でした。」
という連絡かな〜ぐらいに思っていて、まさかまさか、転倒した方が私に御礼を言いたいという連絡なんて1ミクロンも想像できませんでした!

どちらかと言うと、私の車が見えたせいでそれを避けようとか、ちょっと驚いて転倒したとか、なんだか責められたり加害者になる立場のことばかり頭にあったんです。

それが、問題がなかっただけでも万々歳なのに感謝されるなんて。

けれど、それを聞いた瞬間の自分の反応は、安堵とか喜びではなく、その走馬灯感覚だったんですね🤔ふしぎーー。

そしてさらに不思議と、その走馬灯に出てきた出来事って、日常ではあるものの、
わりと感情の振り幅が大きくなりやすかったり、主観的に捉えすぎる傾向にあることばかりでした。

そしてその走馬灯を見ている自分は、
主観的にならず、
そして客観的すぎて冷たくもならず、
とてもニュートラルな視点で、ただただ全ての事象を見つめている状態でした。

走馬灯に出てきた例としては、やっぱり現在私の日常の大半を占めている育児。

育児ってもう本当に、精神の修行でしかないと思う!笑

とくに私の場合はけっこう母親としての想い入れが強い方だという自覚もあり。
主観的になりまくり!
執着しまくり!
思い通りにしようとしまくり!
感情に流されまくり!
天国と地獄のエンドレスリピート!!😂
毎日荒波にもまれながら、どうにかなんとか生きてるんです(笑)

だけどそれらを走馬灯の中で、自分が自分でないぐらい妙にニュートラルな視点で見られた時に、すごく穏やかな気持ちになったんです。

もちろん今日もまだこの体験を100%日常に活かせてはいません(笑)
今日も感情ウェーブと激しく戦いながら生きてます😂

だけどあの一瞬穏やかになれたニュートラルの視点を、毎度ちょっと思い出すようになりました。

何ていうか、全ての一つ一つの出来事も人間も球体みたいなもので、360℃あらゆる方向から捉えることが可能なんですね。

だけど自分という視点だけにいつも立っていたら、主観が入れば入るほどその位置から全く動けなくなる。

今回の自転車転倒事故に関しても、これに対して
怖かった、大変だった、巻き込まれた、気分が悪い、後味が悪い、心配、不安。
といった感情が出てくるのは当たり前。
だけどそこから少しずつずれてみると、

一つの貴重な経験、体験になった、もしもの時の対応が分かった、人助けができた、感謝された、安堵感や喜び、自分が無償の善意で行動することがわかった、物事に対する人それぞれの対応が見えた、自分の立場を変化させて考える練習になった、人間の生命力の強さが分かった……

などなど、それぞれに正反対の感想がいくつも出てきます。

育児も然り。
兄妹の喧嘩一つをとっても、
うんざり、げんなり、うるさい、最悪のタイミング、毎日本当に嫌、仲良くして欲しい…と思うのは当然。
けれど同時に、
二人の成長が見える、可愛い、刺激し合える環境でよかった、元気でよかった、仲が良い証拠!毎日修行をありがとう!(笑)という見方もできます😁

とにかく走馬灯の中で体験できた「ニュートラルな視点」というのが、この360度一瞬で一気にブワッと感覚で捉えることが出来てたんです。

あの不思議な偉大な感覚を説明したくてこんなに書いちゃいました。笑

もちろん育児と関係無い方でも、
仕事に対して、夫婦間や他の人間関係に対して、一つの物事に対して…
毎回視点を広げてみたら、捉え方は全然変わってくるはずです。

なんだか言葉で言ってしまえば全部当たり前で簡単なことのようだけど、この
「ニュートラルな視点」
って、結局は悟りへの道でもあるんだと思っています。

毎回毎瞬、完全に日常にこの視点を落とし込めていたら、それは悟りの境地に入ると思います😌

そうそう…悟りについてある動画を見て色々思ったので書いてみようと、そのメモをとっていたこともこの現実を引き寄せた原因なのかも?!

そして、今回の一連の出来事の中でもう一つ強い印象を残したのが、人間の生命力。

実はこの自転車で転倒された方、なんと頭蓋骨が折れていたそうです😱😱あと肋骨とか足もバキバキに骨折されて。。。

それなのに電話口で、
「本当に死にかけたけど生きてます!元気です!本当に感謝です!ありがとうありがとう!ずっと御礼が言いたくて!!」
って言っていた声が本当にものすごい生命力に溢れてて超元気なんですよ!
まだ入院中で動けなくて包帯ぐるぐる状態なはずなのに。。全然そんな想像できないぐらいイキイキとした声で!

その方も今回大変な思いをしたけれど、命をかけてカルマを解消した上に、感謝の念やそれに伴う行動により、魂のレベルや今世で果たすべき役割をしっかりと遂行しているのだと思います。

同じ状況でも、その人の心次第で、車に乗っていた私を加害者にして、転倒したことを正当化したり保険金だっておりたかもしれないのに。

人間一人の行動で、周りへの影響も、一つの事象がどんな真実になるかも、相手の精神面のエネルギーのやり取りもガラッと変わってくるんだなーって。

これも言ってしまえば本当に当たり前の事なんですが😅

とにかくこの度、しっかり体感できた事を書いてみました😌

事故でも病気でも恐怖体験でも、非日常の体験が日常を見直すきっかけになるってよくありますよね。

こういう貴重な機会を与えてもらって本当に感謝感謝です🌹

では、今日もありがとうございました♫
love and gratitude💖

Author: michitaka

2 thoughts on “走馬灯視点

  1.  こんばんわ。

     今回も素晴らしい体験談と情報をありがとうございます。

     目の前での転倒事故は本当に大変でしたね。
     でも、最後には相手さんから「お礼」を言って頂いたということですから、そのパラレルワールドへ行くための、思考エネルギーを自然と流していたのではないでしょうか。

     自分の思考によって、「今」が創造されていってその連続が「未来」へとなっていきますもんね。

     思考エネルギーが別の方向へ行けば、相手さんが交通事故の被害者を演じるようなパラレルワールドもあったかもしれませんね。

     この状況の後に、この出来事のあとに「感謝」のエネルギーを流せるというところ、尊敬し尊重します。

     そして、あらゆる出来事に対して「ニュートラル」な立場と視点で捉えること、これは大切ですね。

     よくあるのは「善悪」として判断してしまう、ということでしょうか。
     天秤に例えると片方に傾いてしまいますから、全体を完全に捉えることが困難になりそうですね。

     これからの世界はニュートラル、中間、どちらにも傾かない、という思考がメインになってくるような感じがします。

     にしても、1つの出来事に対して「感謝」のエネルギーで締める。

     これはとても素晴らしいですね。

     今回、自分に起こったかのように読まして頂きましたが、わたしもニュートラルな立場と視点から感謝エネルギーを放出しまくって、感謝ワールドへすっ飛ぼうと思えました。

     ありがとうございます。

     
     

     

     
     
     

  2. アリガトウキャンプさん今日もありがとうございます🥰🥰
    確かにそうですね。感謝されるなんて思いもよらなかったけれど、事故直後に私が「自分のせいじゃない!」とか怒ったり憤慨していたら、この結果は出てこなかったかもしれません。だから今回は自分が招いた良い結果であり、良い例だと思うことができます😊いつもこういう風に今と未来を創造していきたいな😊
    善悪の判断や、どちらかに傾く人間の傾向など、私ももっと詳しくそれについて書きたいとメモを取っていたところです!今度そちらもまたよろしければお付き合いください😊
    いつもこうやって自分の思考を丁寧に見つめるようにして、感謝ワールドへすっ飛びましょう🎶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です