アセンショ~ン!!

※今日のお話は、ちと高度なので頭をグニャングニャンにしてお読みください(笑)

おほほ〜!

ついにドル円がハッキリと下がってきますたね。

こないだ151円の高値をつけたのをピークに、ずるずると下がり始め、急落して138円をつけました。

先週金曜は1日で8円以上の急落。

これはわかってる人には合図ですね。

とうとう始まったか…と。

まさに金融崩壊前夜という感じですな。

いよいよか〜。

ビットコインは先週、すでにもう暴落してましたけどね。

と同時に、また大きな闇が表に出てきましたね。

不正選挙です。

先日のブラジル大統領選挙もしかり、

今回の米国の中間選挙もしかり、

大衆の一部は「不正選挙が本当に存在する」ということを目の当たりにしました。

陰謀論じゃないんですよ、不正選挙は。

昔からフツーにある。

票をカウントする機械が怪しいと言われております。

仮にその可能性があるとすれば、「投票に誰も行かない」ことこそが、不正選挙を暴く唯一の道なのです。

もし誰も投票してないのに当確が出たら、明らかにおかしいと国民が気が付いて、

そこから真相究明が始まりますからね。

でも実際は、バイオロボが大多数の日本では、それはまず不可能。

じゃあ、不正選挙に気付いた人が取るべき、この問題のクリア方法はどうすればいいの?と言うと、

正解は「気付いた人がそっとその世界線から去る」ということです。

ん〜なかなか難易度が高くなってきましたね。

ですが、心配ご無用です。

過去に一度でもマンデラエフェクトを経験した人は、すでに世界線を移動できるのですよ。

だって、マンデラエフェクトは世界線を移動したから起きる現象ですからね。

実はその人はもう、アセンションに成功しているってことですね。

これは笹原さんが有料のニコニコ動画で言ってましたよ!

なるほど!!!

と目からウロコが300枚ぐらい落ちましたね。

月1100円だったかな。

僕は全部じゃないけど、たまに見てます。

ちょっと次元の説明をします。

想像して下さい。

1次元は線。

2次元は面。

3次元は立方体。

4次元は、
立方体の真ん中に時間軸の線。
(串刺しのお団子とか、手回しのコマとかの形)

その際、立方体は現在を指し、上の線は未来。下の線は過去ね。

エレベーターみたいな形かな。

5次元は、
その4次元がズラーっと無数にある
(少しだけ違う世界が無数に並んでるイメージ・無数の世界線)

図形書くの大変なのでご想像くだせえ(笑)

要するに、アセンション前の4次元生命体だった頃は、過去、現在、未来という直線上にある人生を体験するしかなかった。

過去の延長が現在で、その延長が未来というように。

しかし、アセンションが済んで5次元生命体となってからは、

ちょっとずつ違う世界線が無数にあって、好きなときに好きな世界線に転移することができるのです。

ひょいひょいと。

ん、なんか違うな!と思ったら、違う世界線に行っちゃえるわけです。

ここで一応補足しときます。

コレは別に気にしないで。

わかってる人には、これを言っておかないと誤解しちゃうから↓

「アセンション前の人」の魂本体は5次元にあるんだけど、肉体をもった現実世界は4次元。

つまり、4次元を駆使して人生を歩んでる。

一方、「アセンション済の人」の魂本体は6次元にあるんだけど、肉体をもった現実世界は5次元にある。

5次元を駆使して、人生を歩むことが出来るようになったということです。

はい。

次元が1つ上がったとは、厳密にはそういうことになるのです。

もうすでにマンデラエフェクトを経験した一部の読者さんは、

次は世界線の移動を、意識的に起こす練習をしましょう。

引き寄せの法則とやり方は一緒です。

引き寄せるのではなく、自分が世界線を移動するから、よりダイナミックに叶うわけです。

そして、マンデラエフェクトがまだの人。

心配はいりません。

ほとんどの人がまだ自覚できていないだけです。

まずはマンデラエフェクトを調べて、自分の記憶とのズレを見つけてみましょう。

そのズレはあなたがこれまでいた世界線と、今いる世界線との「違い」の部分です。

普段から僕のブログを読んでいるということは、まず間違いなく世界線を移動してます。

だって、これはマンデラエフェクトを経験した僕が書いてる。

それを今なお読めているあなたは、僕と同じく移動してますよね。

なので、心配せずに探してみて下さいね。

沢山見つかるので、勘違いではないと確信が持てるはずですよ。 

地球儀、人体模型、臓器の位置や大きさ、漢字、歴史、動物、色んなところに自身の記憶と全く違う事があるはずですよ。

「あ、ほんとに記憶と違うことがこんなにいっぱいある」

と実感してみて下さい。

そんなはずはない!と過去に遡って調べても、この世界線では過去からずっとそうなんです。

つまり、ズレてるのはあなたの記憶しかない。

僕の記憶では、オーストラリア大陸の位置がもっと全然右側だったのに、

今は日本の真っ直ぐ下にある。とか。

そんなわけない!とびっくりしましたね(笑)

そういうことを見つけてください。

さて。

アセンション済の人達は、コレからは何も「反対」とか「抗議」とか現実世界での運動をしなくても、

その世界線が嫌なら、移動してしまえばいいと考える事が普通になるでしょう。

そのため、現実世界では他者を否定したりせずに、「どうぞどうぞ」と快く譲って差し上げて、

自分はサ〜っと、しっくりくる世界線に移動すればいいだけのことだと、誰もが気付くことになるでしょう。

なのに、そこに執着して感情を動かしたら、よりそれが強力になる世界線に飛んじゃいます。

気をつけましょう。

DSと呼ばれる悪役側は、アセンションに成功した人を「反対運動」にさそったり、「デモ行進」に誘ったりと、ミスリードしてきます。

すぐに現実世界にフォーカスさせることで、

世界線を移動できるという真実から、目を逸らさせるわけですね。

だってねえ、世界線を自由意思て移動できるなんて「最強」でしょ(笑)

DSがどんなトラップを仕掛けても、さいなら~って移動しちゃうんですから。

皆さん、遅かれ早かれそうなるんですよ。

マンデラエフェクトを経験したって事は、「それが可能になりましたよ」というサインなのです。

今、世の中は色んな事で2極化してきて、「おまえが間違えてる!自分が正しい!」と正義を主張しあっています。

どうか、そこに取り込まれないでくださいね。

トラップですからねそれ。

そこで、「世界線の移動」という全く新しい問題解決手段に気づく人と、

従来の方法通りに、現実世界で他人を非難し、他人を変えることに躍起になる人と、

枝分かれしているのが今ですからね。

巧妙なトラップですねえ。

しかし、ここでもまた僕たちは引っかかりませんね〜(笑)

ほほほ。

謎解き大冒険は楽しいですね。

黄金時代ツアーの添乗員をしてる気分で、僕も楽しんでいます。

「皆様、あちらに見えますのは、2極化でございます。非常に危険ですので、このまま通過致します♪」

ってね。 

今はまだピンポイントでは、狙いどおりの世界線に移動するのは難しいけど、

徐々に希望の世界線に行けるようになります。

一瞬一瞬、世界線を移動できますから、その精度もおいおい上がってくるでしょう。

すると、もう誰とも争うことはありません。

平和ですな〜。

と、スリルを楽しむのではなく、高度な「愛」を楽しむ生命体に進化していきましょう。

さて。

昨日は朝から、村の老夫婦のお宅の草刈りをしてきました。

その時、エンドゥさんのYouTubeを聞きながらやってたんですけどね。

「この地球に山や森は存在しない。この地球に本当は何が起こっていたのか?」ってやつです。

前にも何度か聞いてましたが、

コレは今聞くとすごい納得してしまいますよ。

現在の地球上の生物は、炭素をベースに作られているけど、

ずっと前は「ケイ素(シリコン)」をベースに作られた生命体だったと。

そう。

つまり、本当の地球人(地底人)と現生人類の違いは「炭素ベース」か「ケイ素ベース」かという部分ですね。

炭素ベースの生命体には「水」が必要不可欠だけど、ケイ素ベースの生命体には「水」は必要ないという事も、大きなヒントですね。

それと、これを聴いていて僕の頭の中でパズルのピースが繋がったのは、

本当のメドベッドというのは、僕たちの身体をケイ素ベースの人体に変える力があるということですね。

病気が治るとか、怪我が治るとか、そういうメドベッドは本物ではないとは思ってました。

それはあくまでも波動医学の範囲内だから。

まあ、それでも十分すごいんですけどね。

炭素ベースの現生人類の肉体を、従来のケイ素ベースの肉体に変える技術こそ、僕が想像する本物のメドベッドです。

そうすれば、寿命は数千年にまで伸びるという、僕の持っているイメージと合うんですよ。

そう、僕は断片的な将来のイメージは持ってるんだけど、

それを実現するための細かい部分とかは、グレーなんですよ。見えないの。

だから、こうして少しずつパズルを組み上げて行くわけです。

楽しいですよー!

人生が大冒険なんですよ。

いつもシラフでぶっ飛んでる僕ですが、

今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました!

Author: michitaka

4 thoughts on “アセンショ~ン!!

  1. こんばんわ。

     今回もありがとうございます。
     感謝します。

     とても楽しみにお待ちしておりました。

     本当のところを申し上げますと、ブログを拝見させて頂くことが今、「1番」の楽しみとなっております。

     ※これはお世辞ではございません。

     
     不食に関してのお応えをありがとうございます。
     否定が入ってしまうと不食になれないということも、全ての食べ物を許して感謝するということも。
     
     そうなんですよね。
     分かります。
     
     わたしはある1年もの間、肉食を否定して拒否していたもんですから、あらゆる肉の食事をやめて菜食主義を貫いていました。
     
     そして、そこには「感謝」ではなくて「強い否定感」しかありませんでしたね。

     でも、だんだんと気づいていくもんですね。

     今では好きなものは食べる主義に変わって、感謝の心をもってあらゆる食材たちに「うまい」と連呼しながら頂いています。

     このようにしていくと、頂く食材たちのエネルギーもだんだんと分かるようになってきましたね。

     その方が心も身体も喜ぶんですよね。

     ありがとうございます。

     さて

     不正選挙がバレ始めてからの、金融崩壊と、これからどうなっていくか、楽しみですね。
     

     ん!
     むむむ!

     日本はバイオくんが大多数存在している、ですか。

     まぁ、やはり、そうでしょうか。  

     日本では本物の人間とバイオくんの割合について、バイオくんの割合が最も多い国のような気がしますね。

     何故かと言われれば、全世界との方々と比べて、日本人は国や政府、目上の人間に対して明らかに、もう一度、明らかに「従順」過ぎるという、不自然極まりない大きな流れがありますからね。
     
     でも、バイオくんが存在してくれているからこの地球物語がこれだけ面白いわけですね。
     バイオくん、どうもありがとう。これからも宜しくね。
     
     つぎに

     アセンション、次元を上昇するときですが、3次元から5次元へ移動するとき、それを妨げるかのごとく、その間になにやら柵というか結界というか、バリアーというものがありますよね。

     レプくんたちが創ったのかは分かりませんが、物質のみではなくてエネルギー的にもピラミッド内に閉じ込めようとしているもんですから、まさに完璧だなと感心しました。

     わたしは移動する際、ある方々とユーほぉ~に乗ったんですが、皆様はいかがでしょうか。
     ある知人は、人々の立ち並ぶ行列の中、急流滑りを滑ってからこの今の世界にきたと仰ッております。

     しかしながらも、次元を下降、上昇をするにあたって、1番影響するのは、やはりは自らの感情と思考エネルギーでしょうね。
     これも面白いところです。

     
     では、次の話題へ

     世界線の移動ですが、たしかに自由意志で好きにすっ飛ぶことができるようになれば、それはまさに「最強」でしょう。

     しかしながら、悪役側はこのような真実に気付いたわたしたちを認識して、巧妙にミスリードしてきて、重い次元へと引っ張ってくると。

     そして、 世界線を移動できるという真実から目を逸らさせると。

     ここで、あれっと。

     低次元から高次元は認識できないわけですよね。

     なんで、少し低い次元にいる悪役さんたちは少し高い次元にいるわたしを認識できているのか。

     それは同じような、もしくはさらに高い次元にいる「悪の役」、つまり、ゲームの盛り上げ役の悪役を演じているからでしょうか。

     ゲームを退屈にさせず、協力して盛り上げてくれている。

     これがあるからこのゲームはよりいっそ、面白く、楽しくなるのです。

     ですから、悪役の存在たちがミスリードしてきても、お礼と感謝の気持ちを持って「ありがとう」ということになりますね。

     わたしたちを本当に認識できない悪役さんたちもたくさんいそうではありますが、認識できる盛り上げの悪役もいるものと捉えています。

     もー早い話、わたしはゲームプレイヤー、つまりは主人公である。
     そのゲームの物語に登場する人物たちこそ、ゲームの設定に設定した、設定人物をプレイヤーに合わしてそれぞれの役を演じている存在たちである。

     そして、プレイヤーがこれらのあらゆる事実に気付きにくいように設定された存在たちも含まれる。

     だから、ゲームプレイヤーはこの設定に気付くまで次のステージには行けないが、一度抜けると次の新たなステージへ遊びに行けるようになる。

     と、ゲーム好きの少年が言いそうな、分けの分からないことを言ってみる。

     さいごに

     メドベッドについてですが、もうじき表に出てきて、すべての病気や症状が治るというような期待話も色々とあるようですが、これが本当に表に出てきてしまったら、人類の目醒めと学びが。。。
     
     今の世界状況を見る限り、わたしが設定側の存在なら絶対に表には出しませんけどね。
     (意地悪ではありません)
     今はまだ早過ぎます。

     ところで、身体を炭素ベースからケイ素ベースの人体に変える力があって寿命が千年単位、という話ですが。
     これは最強にぶっ飛んでいます。

     もし、そうなれば、地球くんの共有意識はどうなるのでしょうか。

     ん〜

     あ~

     身体がケイ素ベースになるから共有ソフトから外れるのかな。

     これはぶっ飛びすぎて面白いではありませんか。

     次元移動に世界線移動、そして共有ソフトからの離脱と。

     何でも有りな次元に突入中ですから、もう何でも有りです。

     パズルを少しづつ組み合わして、想像と創造を膨らますこと、とても楽しいですね。
     パズルを完成させるという、この過程のために今を楽しんでいるのでしょうね。

     ありがとうございます。

     今回も楽しませて頂きました。

     また、コメントさせて頂きますね。

     

     

     

     

     
     

     

     

     

     

    1. アリガトウキャンプさん、さっそくコメントありがとうございます!

      悪役さん達は、下っ端はわかりませんが、上の階層の方達は実は波動が高いんですよ。

      僕が以前見たイメージでは、超絶イケメンのサタンが出てきて、「自分はサタンの役をやっている、大天使ルシエルだ」と僕に伝えて来ました。

      地球人類の魂の向上の為に、悪役の総大将をやっているというメッセージを伝えてきたのです。なので、悪役も上の方になるの実は人間より上位存在です。

      それから、地球の共有意識、人類の集合意識はこれから格段に進化します。

      何故なら、大量淘汰が起きるのです。というか、もう起き始めていますね。

      残る人は地球の振動数の上昇に適合した人です。

      ですから、黄金時代での集合意識は、今とは比べ物にならないぐらいに霊性が高いものになると思います!

      また、よろしくお願いします!
      ありがとうございました!

  2. 最近またマンデラエフェクトに遭遇しました。いつの間にか、漫画家の「藤子・A・不二雄」が初めから「藤子不二雄Ⓐ」というペンネームであったことにされてて驚きました。藤子・F・不二雄と混同しているわけではなく、確かにちょっと前まで藤子・F・不二雄と藤子・A・不二雄の二人がいたハズなのですがね。
    マンデラエフェクトで比較的有名な、オーストラリア大陸の位置が変化したと僕が認知したのが2019年秋だったのですが、その時は(多分)まだ藤子・A・不二雄だったような気がしています。そこから更に世界線を渡ったとなると、一体どんな頻度で移動しているのやら、もう僕の常識はメタメタであります(笑)。

    今回の次元のお話、とても面白かったです。
    物理学では世界の全ての構成要素を一つの数式で表す「大統一理論」の完成が悲願とされていますが、その中に「ローレンツ対称性」という概念が出てきます。「時間と空間は等しいものである」ことを示すのだそうです。
    それならば、空間が3方向あるのだから時間だって3方向あるはずで、(x,y,z,t)と言うよりは(x,y,z,tx,ty,tz)というように表記するのが妥当なのではないかと考えています。まあ、素人考えなのですが。
    tx方向が一般的に言うところの「過去・現在・未来」とするならば、tyは可能性の幅(=並行世界のバリエーション)を表すことになりそうです。
    時間が直線から面に変わるとき、それがアセンションであるとするのなら、今までタテにしか移動できなかった(しかも過去→未来の一方通行のみ)のが、ヨコにも移動できるようになる感じですかね。
    自由度が上がるのは晴れ晴れした気持ちになって気分が良いです。自分の意志で自由に移動できるとしたら最高ですね。

    2chのオカルト板に今回のお話と関連するスレをいくつか見たことがあるのでちょっと挙げてみます。
    ①もきゅしゅだーんのスレ
    ②2020年5月3日から来た未来人だけど質問ある
    ③【近未来氏】世界線の意識的選択を目指すスレ
    ①は次元というか、時空間その他の仕組みがいつの間にかアタマにインストールされてたというぶっ飛んだ人。
    ②と③は同じ人ですが、世界線は自分の意志で移動できることを主張しています。彼曰く、Offical髭男dismというバンドはこの世界線にしかいないのだとか。
    本記事の副教材にでもなれば嬉しいです。
    色々と別角度からの表現を読んでいくと、アタマが柔らかくなる気がしています。

    1. 午後茶さん、コメントありがとうございます!

      僕も藤子不二雄Aは初めて見ました(笑)確かに藤子・A・不二雄でしたよね!また世界線移動してますね〜。

      最終的には自分で世界線移動を意識的に出来るようになりますが、

      その前段階としては、

      似たような世界線を望む人達と集合することで、小さな集合意識を作っていくわけですよ。

      数では少数派であっても、エネルギーは圧倒的ですからね。

      それによって世界を大規模に変えることができるわけです。

      すると徐々に、人類の生活や食べ物が変わっていきますから、松果体も健全になっていきます。

      アセンション後の人類は、松果体を使って世界線を移動するので、食べ物、飲み水に気を付けて、自然のある環境で生活する事が重要だと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です