ちょ~!超!腸!

ほーっほっほ!

おまたせいたしますた!

世間は相変わらずぶっ飛んでますねえ。

WHOがサル痘でパンデミック宣言したとか!?

今回サルトーとされている症状、それって本物のサル痘の症状とは明らかに違いますよね。

帯状疱疹やカポジ肉腫のことを無理やりサルトーと言ってるんじゃないでしょうか。

要するに、お注射の本作用で自己免疫が破壊されてしまったことを隠蔽するために、

新たなパンデミックというホラを吹いてるんじゃないんですかね?

なんともまあ、お粗末なコッテい。

それとですね、最近お注射を打った方で認知症が増えてきてませんか?

キャリー・マディ医師も言ってますねえ。

「お注射は免疫不全をもたらすだけでなく、人間の8番染色体を攻撃し、認知機能(思考能力)を低下させる」と。

キャリーマディ医師は最近、不審な飛行機事故に合いましたが、

奇跡的に生還されたお医者様です。

暗殺疑惑もあります。

くわばらくわばら。

僕はこう考えていました。

体内で増殖する酸化グラフェンによって、血栓や血液ドロドロの状態が慢性化する。

そうすると、わりと初期段階で脳の毛細血管に血が流れずに、認知症が増加するだろうなと。

けど、さらにキャリーマディ医師の言うように、DNAレベルでも認知機能が衰えるとは…。

まあ、突然死症候群も増えてることですし、今年の秋冬は、交通事故にもこれまで以上に気をつけましょうね。

さて。

この国は、お注射もほとんどの国民が打ってしまい、マスクも頑なに外さない国です。

本来、医師や看護師などの科学的な職業の人達でさえもマスクの有効性を信じている。

もはや、この国に科学を尊重する精神はなくなってしまいました。

そして単純に、権力や権威に従順な姿が世界中に露呈してしまいました。

やっちまったなぁ~。

そんな愛すべき我が国、今では新規陽性者数が世界一と報道されています。

世界ではPCR詐欺が表沙汰になってきているところなのに、

まるで世界から情報が入ってこない孤島、のような状態にある日本。

そんな中、超過死亡数は急増。

さらに、この国の政権与党はカルト宗教にどっぷり染まっていましたとニュースでやっている。。

ほえ?ナニコレ?怒るとこじゃないの?

しかし、相変わらず日本国民は大人しい。

まるで、仲間が狼に喰われていても、「ボーッ」と草を食べている羊さんではないでしょうか。

どーなってんの!!??

もうコントじゃないか!!

頭がクラクラしてきた…。

そう憤慨しているヴァナタ(笑)

これには理由があるのですよ。

この国は戦後に受けた「GHQの洗脳工作」がガッツリ効いちゃっているんです。

先日紹介した本を読みましたか?

今を生きる日本人として、ぜひご一読下さいませ。

「GHQの日本洗脳 山村明義」

おそらく90代のおじいちゃん、おばあちゃんに話せば理解されるでしょう。

彼らはGHQの正体を知っていて、骨抜きにされる日本を見てきたはずです。

戦争で大切な人達を大勢失い、

戦争が終わったら今度は、寄生虫を社会の根幹に宿され、

ジワリジワリと弱体化させられる日本人を見てきたはずです。

どういう思いだったか。。

いつしか、「子供や孫が幸せならいいか」と割り切って生きるしかなかったでしょう。

でも、もう、大丈夫。

若者も目覚めてきた。

参院選では、政界にもそれに気付いている政党を国民の手によって送り込めた。

さあ、次はどうする?

次は食の改善ですよ。

添加物を極力とらない。

農薬や肥料の入った野菜をとらない。

何故か?

それは腸は脳よりも「脳」だからですよ(笑)

僕たち日本人は色々間違えている。

しかし、その間違いにさえも気が付かない。

なんで?

それは腸が汚れているからです。

ベッタベタなの。

添加物の毒で麻痺してるし。

だから本来の「直感」が働かないのです。

え?なにそれどーいうこと?

はい。

実は腸は原始的な脳として、「直感」を司る場所です。

腸とおなじと言われているミミズが、脳がないのに本能で危険を回避するのと一緒。

腸というのは「これは良い、悪い、嫌な予感、ワクワク感」そういうサインを発するところなのです。

現代の日本人は、その腸の直感が働かなくなっているのです。

運が良い人はまず腸がきれい。

しかし、現代人は知識の脳である「頭」ばっかり鍛えてますよね。

そして残念ながら、

頭に詰め込んでいる知識は嘘800。

さあ、本能的な直感も働かず、植え付けられる知識はウソばかりとくれば、

そりゃあ、ミスリードされまくるでしょう?

そういうことですよね。

今の日本人が陥っている状態を簡単に言うとね。

そんな洗脳から覚醒めたあなたは、きっと腸の直感が機能しているのでしょう。

素晴らしいことです。

ダイエットとか健康の前に、腸の直感を取り戻すことが何より大切ですよ。

例えば、旦那さんがガッチガチのコロナ脳だったとするでしょ?

コロナ脳ってことは、直感が全く働いていないのです。

その場合は食事を変えること。

食事を用意する権利を握っているなら、食べさせるものを変えること。

健康に気をつけましょうとか言ってね。

食は魚と野菜と米を中心に組み立てる。

糖分は思い切って控える。

国内流通の小麦は遺伝子組み換えだから避ける。

添加物も避ける。

つまり、ちょっと高いお米と、ちょっと高いお味噌と、

ちょっと高いミネラルが入った本物の塩で、シンプルな和食メインの食事にする。

当然、リーズナブルな食塩じゃだめ(笑)

https://osusume.mynavi.jp/articles/3697/

精製塩ではなく、天然塩てことですね。

塩の製造方法がイオンなんちゃらはダメってこと。

そうして腸をキレイにすればね、コロナ脳の旦那さんだって、

「なあ、なんか最近おかしくないか?」と新聞を読みながら言う日がやってくるでしょう。

腸という元祖の脳を蘇らせてあげることが1番最初。

情報を与えるのはその後。

まず直感を復活させないとね。

するとサバイバル能力がグンと上がります。

僕はホントに、気付いている人といない人の物理的な違いは「食習慣」だと思います。

まず、すべての初めに食を変えて腸をきれいにすることが大切です。

今気付いてない人は結構ガチで厳格にやらないとだめかも。

頑張って下さい。

以上、自然農家からのアドバイスでした(笑)

ありがとうございました!

Author: michitaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。