スピッと自然農ブログ
無農薬無肥料の自然農家によるアタオカMAXブログへようこそ!
シナリオ

初めての感謝🌸

こんにちは😊
今日はママです。

最近かなりキテいます🚀

たくさん書きたい。
同時にあれもやりたいこれもやりたいあそこにも行きたい。
なのにいつも以上に子供が可愛くて片時も離れたくない。べったり一緒にいたい。
頭も体もこんがらがる。
寝不足。
昨日はこの映画で泣いて。
今日はこの話で泣いて。
あー忙しい!笑
こんな状態で、一気に来るのが私です😵

そしてこういう時期がしばしあって、またぱったり、しばしアウトプットする気分じゃなくなるのが私です😱笑

気まぐれが許されるのもブログならでもなので自由にやっていきます😁

ということで今日は、一昨日の夜の記録を書きます📝
ただの記録なのでまた期待外れだった方々はごめんなさいネ🙏

その夜、いつも通り寝る前に瞑想中、ポロポロと涙が出てきたんです💧

誘導の音楽や言葉を聞きながら誘導瞑想をしていたんですが、それに影響されてというわけではなく…それと全く関係ない内容で、頭の中には最近見た泣ける映画が思い出されていました。

思い出された映画の内容は、
不治の病におかされた少女が、残された時間を家族や恋人と過ごした記録。
…典型的泣ける映画だったんですが、
身近な人との死別の経験があまりない私は、そうゆう映画やストーリーを通して、疑似体験をしていると言うか、その感覚を少し磨いているのかなと思います。

だけどそれにしても、その映画を見た当初よりも涙がドバーーッと出て、ものすごい異常な、自分でも意味のわからない静かな号泣状態になったんです。

そして、これは約1年前のことなんですが…私の親しいお友達が突然第一子を死産してしまうという出来事がありました。

お友達は初の妊娠で赤ちゃんをとても楽しみにしており、妊娠中も幸せいっぱい。
そして無事に産まれても良い週数になり、今か今かと周りもその子も待ち望んでいた子が、ある日突然心臓を止めました。

一昨夜のその号泣瞑想中にふと気が付くと、そのお友達の、お空に帰ってしまった赤ちゃんが、すぐそばに来て見守ってくれている感じがしました。

その時私に、自然と湧き上がった気持ちと涙があって、
「ありがとうね」って心から言いました。

今ここに来てくれて、見守ってくれてありがとうね。
あなたの肉体もほんの一瞬だったけど、地球に来てくれてありがとうね。
お友達が妊娠中の時の幸せな時間をありがとうね。
周りへの影響、貴重な体験をありがとうね。
あなたの魂、命にありがとうね。

本当に心から、そう思いました。

感謝って本来こういうものなんだなって。
じわじわ湧き上がって溢れる感覚。
あの感動は言葉にし難いものでした。

私たちは普段、感謝することを忘れがちです。

言葉ではなるべくたくさん言っているかもしれない。それだけも大事ですごくいいことなんだけど!

理論的には分かってるんです。
誰であっても存在してくれるだけでありがたい。
万物全てが美しく素晴らしい。

だけどなかなか身にしみて実感して、腹に落とし込んで日常を送る事って難しい。

時間もお金もかからずすぐにできるのに、なぜか難しいんです。

私たちはこの感覚を取り戻すために、この複雑な星に生まれてきたんですね。

その赤ちゃんには、一目も会ったことがなく、大きなお腹を見た後に、次に会った時にはもう地球に肉体はありませんでした。

だから一般的にいう三次元的には、何の関わりもなかった子なんですね。

だけど心からその存在に感謝できる。
感謝の想いで涙が出る。

私にこの実感をさせるために、ここまで色々な繋がりでご縁を持ってきてくれた子なんです。

そして、感謝はもちろん一番と言っていいほど大事なものですが、
一昨夜の体験では、この地球上の死に対する感覚を、もう一度よくよく考えてね。と言われたような気もしました。

少なくとも今のところは、人間誰にでも、いつかは死が訪れます。

身近な人や大切な人の肉体がこの世を去った時、私たちは悲しみの感情に包まれ、理由によっては怒りも感じます。

事実としていくら言葉で言われたり頭でわかっていることでも――

全ての人が、運命づけられたそれぞれの寿命で空に帰っていくこと。
この地球での時間はほんの一瞬であるから、ここの別離など本当はどうってことないということ。
生まれる前、縁のある近い魂同士で全てを約束してきたこと。
両者の魂が空に帰れば、もちろんまた会えること。

――それでもやっぱり、死を前にすると、悲しみに暮れます。

悲しみや怒りの感情は、溜まっていくと腐っていき、
その腐敗したものが、妬みや恨みになります。

だから例えば私のお友達の例で言うと、その赤ちゃんがお空に帰ってしまったことで、

その子の肉体に触れられないこと、
肉体の成長を見守れないことに悲しむことは普通で、その理不尽な悲劇の運命に怒りを覚えることもあると思います。

それはまずは思いっきり外に排出して浄化していって、自分の中に溜めないことが大事だと思います。

排出させないと、妬みや憎しみは、自分にとっても周りにとっても良い循環には好転できません。
どこかで浄化して断ち切らなくては。

そして私のお友達のような体験をした人、
そしてこれから色々な人の死に立ち向かわなければならない私たち全員に、
ぼんやり浮かんだ、多分その赤ちゃんが私に発信してくれたメッセージを文章にしておきます。

この地球上に人間として生まれて、なかなか生前の記憶と約束を思い出すことは難しいけれど、
それでも起きてしまった出来事は、必ずあなたが生前にそれが起きることを了承してこの地球に来たということを思い出すこと。

そのことを思い出すことによって、ただただこの出来事が、もしくは死んでしまった人が、あなたを悲しみや絶望の淵に居続けさせる為にしたことでは絶対にないのだ。という確信が持てます。

今優しさや思いやりにあふれているある人が、もしかしたら過去世には、暴君だったり罪のない人々を殺める人だったかもしれない。

そのカルマを断ち切るためかもしれないし、
他のもっと素晴らしい何かを体感して魂が飛躍的に成長する為なのかもしれない。

理由自体をはっきり思い出せなくてもいいんです。
今世では一生分からないまま終わっても良い。

ただ、すべて今のあなたに必要なことしか起こらないこと。
最悪だと思う出来事も、今のあなたに最善で起きていること。

最初に悲しみや怒りを爆発させてもいいし、
人間として感情を味わい尽くすことで浄化させるのは、何も間違ったことではありません。

でもそれでも、全てが最善で起こっていることを知っている、第二の真実の視点を常に持っていてください。

そしてそもそも誰かが死んでしまって、肉体がそこになくなって、地球上での再会が出来なくなっても、魂はなくなっていません。

あの夜ここに来てくれた子が、こう囁いてくれたような感じがしたんです。

いつもそばにいるよ。
一緒にいるから大丈夫だよ。

そういう感覚がして、あたたかくて、さらに泣けました😭

地球上の誰かに死が訪れた時、残されたものは、

いなくなっちゃった。
一緒にいられないから悲しい。

と言っているけど本当は逆で、その先はずっと、3次元上よりはるかにいつもそばにいてくれてるんですよね。

こういうことを本当に言葉では知っていたのに、実感したことなかったな。

何で突然このタイミングで、これに気が付けたか分かりませんが、これも私の最善なんですね。

ここまで書いて、最近知ったチャネラーさんが、あるインタビューで

「孤独っていうのは妄想ですよ!」
とにこやかにおっしゃっていたことが思い出されました。

この地球に降り立ってから多かれ少なかれ誰しも、守護霊とか天使とかいろんなエネルギーに見守られて生きています。

先に亡くなってしまった魂もそう。
生まれつき側にいてくれる守護霊も。

自分は孤独だと思う時、それは妄想だということに気が付いてください。

見えてない、感じられない。メッセージを受けろ取ろうとしない自分がいるだけで、
孤独っていうことは、この地球上ではありえないんですね。

こんなこと書いている私だって、コドクだと感じることはあります😔

だけど今後は必ず思い出したいな。
あの夜もらった温かい感覚を。

外側からも、自分の内側から湧き上がる感謝や愛おしい気持ちも。

そして現世にいても、そういうものを周りに分け与えられる人間でありたい。

今回の素敵な体験を経て、これからも毎日邁進して行こうと思います😊

では、今日もありがとうございました♫
love and gratitude💖

POSTED COMMENT

  1. アリガトウキャンプ より:

    こんにちわ。

    今回も深く感動する内容の発振をありがとうございます。

     すべて拝見させていただきましたが、もう、言葉は要らないぐらいのこの同感感ですね。
     読んでいるこちら側にもその波が、波紋が、エネルギーが伝わるものですから、、、ありがとうございます。
     感謝します。

     それにしても、最近キテマスか。それは最高でしょうね。
     これも本当に素敵で素晴らしい日常生活と体験談ですよね。 

     思い出された映画によっての湧き出てきた涙というのは、深いふかい深層心理、つまりはエネルギーでみんな繋がっていることの証明ではないかと思うわけです。

     静かな号泣という素晴らしい経験をなされたということは、その人と1つに、エネルギー的に融合したのか、もしくは今以上に強く太くエネルギーが繋がったのかもしれませんね。

     赤ちゃんの感動的なお話もそうですね。
     瞑想中にお空に帰ってしまった赤ちゃんが、すぐそばに来て見守ってくれている感じがした、ということはまさにその通りでしょう。
     身体を脱いで空に帰ってもエネルギーで繋がっているんですね。

     わたしの知人の話ですが、ある日、夕日の景色を見ていると分けが分からずに急に涙が出てきたそうです。
     感動の涙、湧き出る涙と仰っていました。 
     人という存在のみではなくて、夕日の景色のエネルギーにおいても、人は心の底から感動する。ということはみんな、何もかもが全部が繋がっているんじゃないか、と。

     後半の内容もすべて同感ではありますが、あの、、その、、文字にもエネルギーがありますよね。
     あるというか、エネルギーそのものでは。と。

     いいえ。
     
     これはどう捉えてみても、文字にもその人の色んな感情などのエネルギーが乗っていますよ。
     
     何故って

     それは

     その文字を読んでいるだけなのにまさに今、わたしまでもが感動しているからです。
     まるで自分の事のかのように。

     皆さまもこのような経験がきっとあるでしょう。

     文字を読んでいるように視えているだけで、本当はエネルギーを読んでいるだけなのかも知れませんね。

     あ~、というか、そういえば、すべて何もかもがエネルギーですよね。
     だって、目に見えている物質化しているものを究極なまでに細分化していくと、分子や原子になって、そして、1番の最小単位は素粒子、つまりはエネルギーになるわけですから。  

     反対にそのエネルギーを最大密度で固めて結着すると目に見える物質になる。
     
     ふむふむ。と。
     ありがとうございます。

     さいごに

     ある1つの説の話ですが。

     わたしたちは愛の大元から別れて、分離経験をするために今、身体を持って物質化している人間として生きています。

     分離ですから、その言葉通り別々の個性になってそれぞれのしたいことを経験をしている。

     この分離経験というものは本当に素晴らしい経験です。
     
     しかし、この分離経験に慣れてくると、他の存在たちと統合、融合していくという流れもそこにあるわけです。

     もちろん、分離経験をずっとしていたいという存在たちもいるでしょう。

     ですから、どの方向の流れに乗っていくのかはそれぞれの個性の自由ですから、すべてが素晴らしい経験と言えますね。

     こちらのママさんの素敵な素晴らしい体験談は、この説の真実を物語っているとわたしは捉えます。

     分離している存在が他の存在とエネルギー的に統合、融合すると究極の「至福」を経験するらしいです。
     
     この「至福」というのは言葉で表すことは難しい、らしいです。
     エネルギーの話になりますからエネルギーは無限なんで、有限の価値観や言葉でそもそも表すことができないのかもしれませんね。

     みんな、元は1つです。

     元は1つだということは、そこから分かれた存在はみんな繋がっていることになりますね。

     それを想い出すために、今、わたしたちは分離して素晴らしい経験をしているのかもしれません。 
     
     今回もありがとうございます。
     勉強させて頂きました。
     感謝します。

     これからも是非、キテイル日常生活を楽しんで下さいね。

     また、コメントさせて頂きます。
     
     

     

     

     
     

     

     

     

     

     

     

     

    • michitaka より:

      アリガトウキャンプさん
      今回もありがとうございます!!
      言葉のいらないぐらい同感していただき本当に嬉しいです😊

      文字でも波動が繋がるというのは、私も同感です。
      声でなければ波動は伝わらないと言う説も聞いたことがあります。
      たぶん書いた文字に波動が乗っているというよりは、
      誰かが発したエネルギーが見えないどこかにあって、
      それを、時間差があれど、読んだ人が共鳴することでキャッチするという状態なんだと思います。

      もとはひとつで分離してまた融合に向かっているという流れは、私も日々納得し、実感するよう心がけています。
      これだけでも感情に完全に流されてしまう確率もかなり低く抑えられます😊

      分離経験をずっとしていたい人もいるという説にはハッとさせられました。
      誰がどんな選択をしても、その個々を尊重する大きな器を保っていたいものですね。

      今回も、コメントにてとても深く考えることができ勉強になり、ありがとうございました🥰

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です